出来事

花見の季節に映える桜の絵柄の着物

上野公園での桜の花見の中継が流れる季節になりました。数週間前の雪の降るような寒さはどこに行ったのやらというほどの温かさに春の到来を感じる毎日です。そんな中、昨日テレビを見ていたら、美容家で芸能人のイッコーさんが桜の花の絵柄の着物をお召しになっていました。やはり春の着物は艶やかでいいなと思いました。

個人的にはもう少し色があって地味な色の生地にピンクの桜の絵柄のほうが良かったとも思いましたが、その着物も煌びやかな少し立体的に見える図柄が非常に珍しくもあり、また新鮮でもありました。日本人として生まれてきてもなかなか現在の社会で着る機会のなくなってきている着物。また、着物には着付けの際は少しテクニックと慣れを必要とするので、とっつきにくいという面もあると思います。

1月には成人式に着物を着れなかったという新成人の方々がいたのは記憶に新しいですが、成人式や結婚式などの行事だけにこだわらず、汗もかかない今の時期にこそ積極的に花見を行く際にレンタルでもいいので着物を着て花見をするのはなかなか乙な味わいがあるのではないかと思います。洋服が主流となってきている現在において、着物の良さを感じるうえでも若い女性には着物に触れあっていただきたいものと思います。