お金のこと

キャッシングを利用するという解決策

安定した収入のある方でもお金が足りなくなる場合というものはあるものです。そのような場合、いろいろと支出を切り詰めて次の給料日まで乗り切るのも良いとは思いますが、思い切ってキャッシングを利用してお金を借りるという方法も解決策として削除しないほうが良いと思います。

給料日までにちょっと足りない生活費を借りる程度であれば利息も気にするほど大きくはなりません。消費者金融のキャッシングでも生活費の不足分を補う程度の借り入れでは利息は心配するほど大きくはなりません。例をあげて説明しますと、生活資金として3万円を借りて給料の出た1週間後に全額を返済したとします。

年率は18%として計算すると利息は約104円です。金利が高いと言われている消費者金融系のキャッシングであってもこのような利用の仕方をすれば利息はかなり安くなるのです。正規社員でもフリーターのような非正規社員でも安定した収入があり、返済できる見込みが確実にあるという条件付きですが、生活資金が足りなくなった場合はキャッシングを利用するのもひとつの解決策だと思います。