出来事

JR東海の新型気動車特急車両に関すること

私自身、幼い頃から鉄道関連にかなり興味があり、特に乗り鉄、撮り鉄が好みです。また、鉄道に関するニュースにも興味があります。

近日話題になった鉄道ニュースのうち、より興味を持ったのはJR東海の次期気動車特急の試作車導入に関することです。

その新型車両は、環境性・安全性・快適性に優れたハイブリッド方式の気動車特急車両であり、現在、特急ひだ(大阪・名古屋~高山・富山)と特急南紀(名古屋~紀伊勝浦)で使用されているキハ85系気動車特急の後継車両となるものです。

その車両の外観で気になったこととして、塗色は近鉄特急の新塗装に似ていることです。また、デザインに関しても近鉄22000系(ACE)とよく似ているのです。その車両が特急南紀で運用するとなれば、紀勢本線や関西本線の近鉄線と並走する区間で、塗色・デザインが似ている近鉄22000系とすれ違ったり並走したりするシーンが実現する可能性があるので、非常に興味深いところです。

今回プレスリリースされた記事には、車内設備でどのようなものが搭載されるのかが記載されていましたが、実際の車内がどのような感じになるのかというイメージ図は掲載されていなかったので、それが決まった際のプレスリリースにも注目したいと思います。

また、量産車の外観・仕様、現行のキハ85系の今後の動向にも注目したいところです。