出来事

優雅な魅力を兼ね備えている藤の花

7月中旬のことでしたか、公園をウォーキングしていました。すると足元に紫色の散った花がちらほらと・・・。アジサイはこんな風に散らないし、そもそもフジはもう終わってるし・・・と見上げると、なんと藤棚のフジが幾つか咲いていまして、少々驚きました。

遅れて咲いているのでしょうか。それとも狂い咲きというのでしょうか?珍しいと思って東北に住んでいる友人に写真を送ると、「こっちでは順当だよ」と言われ、それにも驚きました。

フジの花といえば、私がいる中部地方ではサクラが終わってツツジが咲いた後に咲くものですから、季節としては5月になります。私のイメージでは、端午の節句のショウブの紫と、フジの花の紫が重なるイメージです。とはいえ、こちらでフジの花が咲く頃に北海道ではお花見シーズンと聞きますから、季節が日本列島の中で少しずつずれていくんですね。

フジの花はマメ科の植物、房になって垂れ下がる花をよくよく見ると、なるほど、一つ一つの花はスイートピーやシロツメクサなどとそっくりです。あまり花屋にはありませんね、植木市でよく見かけます。

淡く青みのかかった紫色を藤色というように、フジは多くが紫色ですが、中にはピンクや白いフジもあります。花房の長さが1mにもなるナガフジの類は、藤棚から多くの花が艶やかに枝垂れ、見る者の心を惹きつけてやみません。

フジは、私たちが一般的によく見かけるフジと、ヤマフジといって、山野に自生していた種類があります。普通のフジはつるが時計回りだそうですが、フジより大きな花が咲くヤマフジは、つるが反時計回りに巻くんだそうです。

どうして逆になったのかも知りたいですが、あの綺麗な花を前にすると、うっとりしてしまってつるのことなど忘れてしまいそうです。