出来事

コスプレハロウィーンから始まる2.5次元への介入

本日、10月31日ハロウィーンです。

みなさんは、思い思いハロウィーンをすごされたかと思います。

特に今年のハロウィーンは、前日30日が日曜日ということもあり、東京のスクランブル交差点は、大変大賑わいしたと、報道されるメディアが多数ありました。

スクランブル交差点だけでもなく、最近は日本のハロウィーンは随分な賑わいを見せています。

筆者は、高校時代にハロウィーンとは関係なく、アニメキャラクターでコスプレしていたため、一度やればドツボにはまる、なんていう経験はよくわかっています。

(自分でないものになるときの快感は、今でも忘れられないです。)

ハロウィーンというものを機に、これから毎年でも、とある行事の度でも、自分でない自分になる機会は、あるべきだと思います。

それほど、現実に疲れているというのも事実です。

一時の逃避でもいいんです。

それで、あなたの何かを回避できるきっかけになるならば、なおさら恥ずかしがることもないのです。

ただ、それを人の迷惑に変えないでほしいです。

スクランブル交差点で、騒ぎを起こした人々達はいったい何を思って、それをしたのか、わからないこともないですが、わかりたくもないです。

ストレス発散は、自己責任の上、存分にやってください。

今年も、そんな騒ぎが多かれ少なかれあったことは、大変悲しく思った、筆者です。