出来事

センター試験から英語のテストがなくなる話

先月末に大学入試センターから、2020年以降のセンター試験の概要が発表されました。一番大きな変更は、数学や国語の中に記述の要素が加わることではないと考えます。恐らく英語のテストがなくなることだと思います。センター英語の代わりに、英語検定の合格資格がスコアとして換算される予定です。これは明治時代から粛々と続いて来た、使えない英語教育を変える可能性が高い英断だと考えます。何年も英語を勉強しているにもかかわらず、ネイティブスピーカーと対等に話せないのは日本人が最悪なのではないでしょうか。あえて英語を使わない国もありますが、日本人はそうではありません。中学生になると強制的に英語の勉強をさせられますが、ネイティブスピーカーでも知らないような英文法を教えられたり、三人称単数現在形の「s」が抜けたらバツになったり、疑問文の最後にクエスチョンマークが抜けていたら減点になったりとか、英語が嫌いになるような仕組みがたくさんあります。それを打開するためには、大学受験が変わらないとダメだとずっと言われて来ました。それで文部科学省と独立行政法人がタッグを組んで、英語検定の試験内容を変更して来たのだと思います。英語検定の資格があれば、「聞く能力」「話す能力」「書く能力」「読む能力」が全て網羅されることになります。これは良い方向に進むのではないかと考えます。